ドコモ光が繋がらない原因はなぜか?

・契約や開通工事は完了しているのに

 

ドコモ光の口コミには以下の通り「ドコモ光が繋がらない」というコメントが目立ちます。

 

https://twitter.com/gekk0state/status/826003906924666880(ツイッターから引用)
https://twitter.com/hirokosan0711/status/834202221722030080(ツイッターから引用)
https://twitter.com/shino_0921/status/845097177034571776(ツイッターから引用)
https://twitter.com/OnZee4/status/839090863300988928(ツイッターから引用)
https://twitter.com/leaf0/status/832247192282804224(ツイッターから引用)
https://twitter.com/leaf0/status/832247192282804224(ツイッターから引用)

 

繋がらい原因は個々のユーザによって様々なようですが、おおまかにまとめて考えると、ドコモ光に変えたとたんにインターネットが繋がらない方がとても多いようです。「なぜなのか」その原因を探って行きましょう。

 

? 最初に確認して欲しいこと

 

基本的なことですが、ドコモ光を利用するにはドコモ光と契約することが必要です。契約が完了後、開通工事やルータ(モデム)の設定・ユーザのPCのネットワークを設定していきます。

 

ケーブルの接続設定は開通工事の時にやってもらえるはずです。この時インターネットの速度テストが行われ、工事担当者は「宅内までネットワーク繋がっている」ことを確認し上司に報告します。その後工事担当者もしくはユーザ自身がPCを使ってネットワーク設定を実施すればインターネットが使えるはずなんです。

 

集合住宅などで元々ドコモ光が宅内まで使える状態になっている場合などは、工事担当者がユーザ宅内に来ないケースがあります。この場合はルータ(モデム)やPCを使ったネットワーク設定を自身で行わないといけません。

 

基本的なことではありますが、
? ドコモ光に契約済み
? 開通工事は完了している
? ルータ(モデム)は設置済み
? ケーブルは設置・差し込み済み(見た感じケーブルがささっているように見えても「カチッ」と音がするまで差し込まないと差し込み切っていない場合があります。このケースは意外と多いので一度抜き差ししてケーブルの状態を確かめておくのがポイントです。)

 

以上のことをまず最初に確認してみて下さい。ルータ(モデム)は正常に稼働していれば、赤や緑のランプが点滅・点灯するはずです。

 

? 一通りのことは済んでいるのに

 

上記の内容を確認しても、ドコモ光でインターネットが利用できないのは問題ですね。インターネットなどの通信サービスはどうしてもそれぞれの場所によって速い・遅い・繋がりやすい・繋がりにくいなどの影響を受けてしまうものですが、契約したばかりなのにインターネットに全く繋がらいというのには困ってしまいます。

 

しかし腹を立ててすぐに「解約」しようとすれば、2年自動契約などの理由により違約金が必要になります。ものの3分で復旧するケースもあるので、インターネットが繋がらない原因を切り分けてみましょう。

 

まずは以下の状況の内、どちらなのか判断してみます。

 

@ドコモ光でを初めて利用する場合
A既にインターネットを利用していたのに、接続している最中に繋がらなくなってしまった場合

 

? ドコモ光を初めて利用する場合
初めてドコモ光を利用する場合なら「設定をし忘れている」可能性が考えられます。設定は各プロバイダやレンタルする機器によって異なりますので、契約した時に渡された資料の中から「インターネット初期設定」などと書かれている用紙を見つけて設定してみて下さい。

 

? 既にインターネットを利用していたのに、接続している最中に繋がらなくなってしまった場合
既にインターネットの初期設定を済ませ、少し前まではインターネットが問題なく使えていたという場合は「何らかが変化した」と考えられます。

 

この時「何が変化したのか」を冷静に判断することが大切です!

 

? 使用している機器に問題があるケース
使用している機器に問題が起きた可能性があります。通信機器であるルータ(モデム)・PCなどのランプの状況を確認しましょう。

 

? ドコモ光の回線に問題があるケース
通信機器に問題がなかった場合、その先の回線にトラブルが発生している可能性が考えられます。この場合、インターネットが使えないのは1人のユーザだけではありません。ドコモ光の一部のエリアにて通信障害が発生している可能性があります。

 

インターネットが使えなくなった原因は「ドコモ光」なので解決方法は「待つ」ことです。ドコモ光のような大きい会社であれば障害発生から復旧までにそう長い時間はかかりません。プロの集団が1分1秒を争って直しにかかりますので、ユーザは慌てないことが大切です。

 

こんな時、ユーザ側の設定に問題が無いにも関わらず「どうしよう」と慌てて正しい設定のPCやルータの設定を変更してしまう方がいらっしゃいます。正しい設定をいじってしまうと2次災害を招きかねません。その後無事に回線が復旧したにも関わらず設定を変えてしまったせいでインターネットが使えないことが起きないよう、余計な行動をするのはできるだけ控えておきましょう。

 

・解決方法を徹底解説

 

? 通信機器に問題がある場合

 

通信機器に問題がある場合、まず最初にトライしてみてもらいたいこと

 

インターネットに関わる機器の多くは単に「再起動」することで復旧することが良くあります。突然インターネットが使えなくなってしまうとつい焦ってしまって、簡単にできて復旧率も高いこの方法をど忘れしてしまう方がいらっしゃいますが、大変効果的なのでまずは「再起動」を実施してみて下さい。

 

注意点・再起動する時は関連する機器やパソコンの電源をすべてオフにします。開いていたデータ等が消えないように保存してから電源を切ります。各機器は電気が滞留している可能性もありますので、約5分間はそのまま電気を切った状態にしておきます。

 

5分後、通信機器であるルータ(モデム)から電源を入れ始め、最後にユーザのパソコンの電源を入れるようにしてみて下さい。

 

それでもだめならルータ(モデム)を確認

 

関連機器の再起動でも問題が解決しなかった場合は、ルータ(モデム)の状態を確認します。各ルータ(モデム)には必ず「ランプ」がついています。その点灯状態を確認します。

 

ランプの状態 発生しているトラブルの内容
1 電源ランプが消えている 電源が入っていません
2 ランプが赤く点灯している 機器に故障が発生中
3 PPPランプが消えている 認証エラーが発生中
4 ACTランプが消えている WAN回線を利用することができない
5 ACT/LINKランプが消えている LANケーブルが正常に接続されていない
LANポートが故障している

 

もしまだルータ(モデム)の取扱説明書をとっておいてあるなら、それと照らし合わせながら確認するとより正確な症状が分かります。

 

1. 電源が入っていない

 

この場合は電源が抜けている可能性があります。一見電源ケーブルがきちんとささっているように見える場合でも、一度壁のコンセント側と通信機器側の両端を抜き差ししてみましょう。電源を確認してもだめな場合は、通信機器の故障もしくは電源ケーブルに異常が発生していることが考えられますので、ドコモに問い合わせてみて下さい。

 

2. ランプが赤く点灯している場合

 

ランプが赤く点灯している場合は、通信機器になんらかのトラブルが発生していますので、ドコモに問い合わせてみて下さい。

 

3. PPPランプが消えている場合

 

PPPランプが消えている場合は認証エラーが発生しています。認証エラーが発生するとセキュリティが作動して自動的にオフラインの状態となり、インターネットに接続できない状態になります。PCを開いてインターネットの接続設定を確認し、IDやパスワードに間違いがないか確認しましょう。正しく設定しなおせば、すぐに復旧する可能性大です。

 

4. ACTランプが消えている場合

 

ACTランプが消えている場合、WAN回線を利用することができない状態を示しています。回線には元々2種類、LAN回線とWAN回線があります。ルータ(モデム)からPC側の通信をLANと呼び、ルータ(モデム)から外部側の通信をWANと呼びます。WAN側の設定はユーザではなく回線業者もしくはプロバイダが行います。まずはユーザにてWAN側のケーブルの抜き差しを行い、接続状態を確認してみます。それでもだめなら、ドコモに連絡してインターネット回線の開通状況を確認する必要があります。この時オペレータの方には「ACTランプが消えています。WAN側のケーブルの抜き差し確認は完了済みです」と伝えるとよりスムーズです。

 

・プロバイダーごとの原因と解決方法

 

インターネットに繋がらない原因がプロバイダにあるケースがあります。この場合、原因として「プロバイダでメンテナンスをしている」「回線設備に何らかのトラブルが発生している」ことが考えられます。
通常プロバイダがメンテナンスを行う時、通信に影響がある場合は事前にホームページ等で告知しているはずです。

 

上記に記載した解決方法を全て確認してもまだインターネットが使えないや、「今回はどうもプロバイダが怪しい」という場合などは、スマホなどのインターネットを使ってプロバイダのホームページに「メンテナンス情報や障害情報」が掲載されていないか確認してみましょう。

 

インターネットが使える機器が手元になければ直接プロバイダに電話してみます。

 

通常通信網に何らかの影響が起きる場合、プロバイダから事前告知されるはずですが、メンテナンスを失敗してしまうなどの予期せぬ事態が起きてしまうこともあります。

 

この場合、多くのユーザにて「インターネットが使えない」状態が起こりますので、問い合わせ窓口がパンクして繋がり難くなることもあります。その場合はプロバイダだけでなくNTTにも連絡することがおすすめです。大規模障害が発生している場合、関連各社が状況をシェアする可能性が高いので、とにかくどこかに連絡が繋がれば何らかの情報を入手できるかもしれません。

 

・最後に

 

使えていたインターネットが急に使えなくなってしまうと、大概の人が焦ってしまいます。特にインターネットのことにあまり詳しくない方は「どうしていいか分からない」「大金を出して買ったり契約したりしたのにどうしよう」と自分を追い込んでしまうこともあります。

 

そんな時良く知らない設定を変更してしまうことは大変危険な行為です。あとで「どこをどう変更したのか」分からなくなってしまえば、PCの初期化が必要になるかもしれません。

 

インターネットのトラブルは、発生後落ち着いて障害箇所を切り分けすれば、必ずその原因元は判明します。そのトリガを一つづつ確認していけばいつか必ず復旧するはずです。自分ひとりで確認するのが難しい場合は、オペレータの方に手伝ってもらいながら解決して行きましょう。