ドコモ光でプロバイダを契約するならどこがおすすめか?

数多くある光コラボレーションの中でも、2016年3月時点でトップシェアを誇ったドコモ光。このドコモ光の特徴は、25個のプロバイダの中から自分の好きな会社を選択できるということです。手続きが面倒な人なら、今までのインターネット契約で使っていたプロバイダを継続するという方法も可能です。

 

まずはその25社、一体どんなプロバイダがあるのか全てをご紹介します。

 

ドコモ光、プロバイダ一覧(合計25社)
無料セキュリティーサービス
の提供
タイプA 1. ドコモネット 12ヵ月無料
2. ぷらら 24ヵ月無料
3. So-net 24ヵ月無料
4. GMOとくとくBB 有料
5. &andline 12ヵ月無料
6. Excite 36ヵ月無料
7. Tigers-net.com(タイガースネットドットコム) 永年無料
※提供エリアは全国
8. U?Pa!(ウーパ) 有料
9. BIGLOBE 12ヵ月無料
10. DTI 12ヵ月無料
11. エディオンネット 有料
12. SYNAPSE(シナプス) 有料

13. TIKITIKIインターネット 有料
14. 楽天ブロードバンド 有料
15. @ネスク 有料
16. 01光コアラ ー
17. IC-net 12ヵ月無料
18. hi-ho 有料
タイプB 19. @TCOM 有料
20. OCN 12ヵ月無料
21. @nifty 有料
22. TNC 有料
23. AsahiNet 有料
24. WAKWAK 有料
25. チャンプルネット 有料

 

・それぞれのプロパイダーの料金比較

 

如何でしょうか。25社が一気に並ぶと結構迫力がありますね。ご覧の通りドコモ光のプロバイダは全国各地にとにかくたくさんあるんです。これらをどうやって区別していくのか、上記の表を見ると「タイプA」と「タイプB」に分かれていることに気がつくと思います。

 

実はこれ、プロバイダの月額料金を、
? タイプAは200円
? タイプBは400円
と簡単に分けることができるんです。

 

25社の内、タイプAは18社で、タイプBは8社です。これをインターネット代と合わせると、
【タイプA】
戸建てタイプ 5200円
マンションタイプ 4000円
【タイプB】
戸建てタイプ 5400円
マンションタイプ 4200円
こうして簡単に区別することができます。
各社独自のオプションを除けば、タイプAの方が月200円安いことになります。

 

・目的別にプロバイダを選ぶ

 

各プロバイダからはそれぞれ独自のオプションが提供されています。月額料金以外の要素で選ぶなら、どんなお得な内容があるのか、まずは以下の3つの要素から選ぶのがおすすめです。

 

? セキュリティーソフトが無料で使えるかどうか
? アドレスはいくつまで使用可能
? 無料訪問サポートがついているか

 

? セキュリティソフトの重要性について
現在インターネットの世界では日々たくさんのウイルスが作られ、それらがユーザのPCを攻撃したり、ユーザのPCにリモートで潜入して銀行などの大切な情報を盗もうと悪さをしています。そんなウイルスに対し大切なPCを守る為のセキュリティーソフトを使っていないという状況は、家に鍵をかけないで住んでいるようなもの、いつ泥棒に入られてしまうか分からない、大変危険な状況なのです。

 

セキュリティソフトはプロバイダで設置しなくても、個人的にフリーソフト(無料で配布されているもの)を利用したり、アメリカの大手ウイルスソフト会社Symantecなどが販売する有料ソフトを使用することができます。

 

お金を掛けたくないという方はフリーのものを使用するのもありです。例えフリーのものであっても、セキュリティソフトを使わないよりははるかに効果があるといえます。しかし有料ソフトのSymantecなどは、毎日全世界各所より発見されるウイルス情報を何億個も収集し、日々形を変えて攻撃してくる新種への対応を行っています。有料ソフトはそれだけ安心で安全といえるのではないでしょうか。

 

プロバイダが提供するセキュリティソフトはフリーソフトよりもセキュリティレベルが高く、有料ソフトよりはやや劣るといった状況です。ですので、無料で提供してくれるプロバイダであれば、その分とお得といえるでしょう。

 

セキュリティソフトという点でプロバイダを選ぶのならば、
? ぷらら(24ヵ月無料)
? So-net(24ヵ月無料)
? Exicite(36ヵ月無料)
? Tigers-net.com(タイガースネットドットコム)(永年無料)
がお得といえます。中でもTigers-net.com(タイガースネットドットコム)はなんと永年無料です。厳密にいえば、使える期間だけでなく、各セキュリティソフトの質の差という点も考えなければなりませんが、これはかなりお得なのではないでしょうか。

 

? アドレスについて
若者を中心として人気が衰えないTwitter・インスタグラムなどの各SNSや通信販売の利用者増加などに伴って、アドレスをいくつも利用したいというユーザがいらっしゃいます。セキュリティレベルという観点からも、アドレスを一元化するよりは、サイトやアプリによっていくつか使い分けることはひとつの方法です。各プロバイダのアドレス数を見てみると、ぷららが7個、GMOとくとくBBが15個、DTIが10個、楽天ブロードバンドが10個、とお得です。

 

? 無料訪問について
インターネットの設置やインターネットに関することが全般的に苦手という方におすすめなのが、初回無料訪問がついているプロバイダです。初回無料訪問がついているのは、ぷらら・So-net・U?Pa!(ウーパ)・BIGLOBE・DTI・OCN・@チャンプルネット(ただし沖縄限定)です。

 

? 他にはどんなオプションがあるのか

 

【ドコモnetがいい理由】
ドコモnetはその名の通り、NTTドコモが管理するプロバイダです。他のプロバイダとの大きな差は「インターネット料金の窓口を一元化できること」です。回線業者とプロバイダが別々だと、契約期間に差が出て同時に契約を終了できなかったり、毎月二つの会社に料金を支払わなければならないという面倒があります。しかしドコモnetなら同じ会社が運営しているので、支払い窓口を一ヵ所にできるというメリットがあるんです。

 

【ぷららをおすすめする訳】
ぷららは独自サービスがとっても充実しています。例えば、フリーチケット1200円が毎月もらえたり、メールの転送サービス、ひかりTVエントリープラン、会員優待サービス、プライベートドメインメール、Webメール、ネットバリアベーシック(有害サイトブロック)などがあります。インターネットをただシンプルに使用するだけでなく、自分の希望にあった用途を選んで追加したい方におすすめです。

 

【GMOとくとくBBをおすすめする訳】
GMOとくとくBBは、配布されるアドレス数は15、メールボックスの容量は無制限、メールのウイルスチェック・迷惑メールフィルタ付きという特典がついてきますがセキュリティソフトと訪問サポートは有料です。

 

ここまでの内容ならば、とくに選ぶメリットはそれ程ないのでは判断されてしまいがちですが、実はGMOとくとくBBはここからのメリットが他社に比べて凄いんです。

 

GMOとくとくBBをプロバイダに選ぶと、今なら次世代技術「IPv6プラス接続」ルータが0円で使えます。条件は以下の通りです。
? ドコモ光を利用している方が対象
? ドコモ光を解約した後でもwifiルータを使いたい場合は月300円で継続使用可能
? 申し込み月を含めて最低37ヵ月の継続利用が必須
? 期間内にGMOとくとくBBの会員解約またはWi-Fiルーターレンタルサービスを解約する場合、契約解除金として10000円が必要です。

 

ルータの利用は最低で37ヵ月とやや長めなので、引っ越し等で途中解約をしそうな方にはおすすめできません。しかしこのWifiルータは次世代技術「IPv6プラス接続」を使用している為、インターネットをより速く使用することが可能です。大変性能の良いこのルータはドコモ光の回線工事が完了後、約1週間前後で登録した住所に届けられます。市販では1万5千円相当なので、無料レンタルできるのはかなりお得な特典といえるんです。

 

GMOとくとくBBでは、この高性能のルータをレンタルさせるだけでなく「速度保証キャッシュバック」というサービスも提供しています。「速度保証キャッシュバック」とは何かというと、GMOとくとくBBでは現在、ホームページで全国の平均通信速度を公開し(こちら)万が一速度が100Mbpsを下回ってしまった場合にはポイントをキャッシュバックしてくれるという太っ腹なサービスを行っているんです。インターネットの契約が終わったあとはユーザに丸投げなのではなく、アフターケアをちゃんと考えてくれているのが嬉しいですね。

 

公開された速度の一例が次の通りです。
下り速度 205.72Mbps
上り速度 181.68Mbps

 

GMOとくとくBBの特典はまだまだ終わりません。
さらにGMOとくとくBBは2017年ドコモ光のキャッシュバックランキングで今現在トップにランクインしている為、新規でも転用でもかなりうれしいキャッシュバックキャンペーンの特典が受けられるんです。

 

? キャッシュバックキャンペーンその@
GMOとくとくBBのエリア限定キャンペーンでは現金最大10000円キャッシュバックがもらえます。
エリアA 10000円のキャッシュバック
エリアB  5000円のキャッシュバック
適応エリア
エリアA 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
エリアB  東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、山梨県、新潟県、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県

 

? キャッシュバックキャンペーンそのA
他社から乗り換える場合最大30000円分還元してもらえます。

 

? キャッシュバックキャンペーンそのB
申し込み全員へショッピングや携帯料金に使えるdポイント10000ptをプレゼントしてもらえます。

 

? キャッシュバックキャンペーンそのC
新規の場合工事費用が無料になります。

 

以上がGMOとくとくBBが今お得な点です。

 

・ドコモ光でプロバイダを変更する時の注意点

 

実はドコモ光のプロバイダは途中で変更することが可能です。ただし以下の注意点があります。
? プロバイダを変更する際の手数料として3000円の費用が必要です。
? 利用中だったメールアドレスやサービスは停止されてしまいます。
? プロバイダによっては2年自動契約が締結されており、違約金が発生するケースがあります。

 

プロバイダを変更した時のトラブルとしては「いきなりメールが使えなくなった」が最も多いといわれています。プロバイダを変更しようとする際は上記のことに注意してみて下さい。

 

・総合するとどれがおすすめか(1つだけ)

 

現時点で最もおすすめするプロバイダは「GMOとくとくBB」です。ドコモ光の評判の中には「インターネットの速度が遅い」というものがやや目立ちますが、GMOとくとくBBなら高性能ルータが使えますし、速度保証もしてもらえるので契約後も大変安心です。

 

また現在行われている各種キャッシュバックキャンペーンの内容も充実している為、セキュリティソフトが有料というデメリットを考えても、現時点では飛びぬけて最もお得!といえるのではないでしょうか。